SANEI TECHNICS 愛知の工場の省エネ・コスト削減・設備保全

052-741-2603
スタッフブログ

廃温水・廃ガス2017年2月10日

こんにちは!!

今週のブログ担当は大林です♪

なんだかまた冬に逆戻りですね( ノД`)

春はまだまだ・・・遠そうです。

 

さて、本日は冬場の熱源の廃熱対策についてご紹介します。

冬場は気温が低い為に、熱源の熱漏れによるエネルギーロスや

給気温度や給水温度が下がることによるロスがあります。

 

工場で使用している機械は大型なものが多い為、

このようなエネルギーロスってどうにかしたいものですよね”(-“”-)”

 

そ、こ、で!!

効果的に保温と廃熱・排ガス・廃温水の再利用をする方法があります。

 

まず、

その① 廃温水の活用

021004

廃温水40℃から60℃のお湯を生成し、ボイラーの給水やお湯として生産工程に活用できます。

 

今まで棄てていた廃温水を再利用することで、

新水を使うことが無いため、水道料金の削減!!

温度の低い水とは違い、温水を使うため、水を温める必要がなく、ガス代や電気代の削減!!

また、補給水を温めるための時間が少なくなるため、生産効率アップ!!

 

その② 排ガスの活用

021005

これまで棄てていた廃熱を活用し、

熱源の給気温度の加温やお湯の生成、発電が可能!!

 

例えば・・・

給気を100℃まで加温することで、

いままでは20℃から200℃以上まで

炉内を温めていたものが、少ないエネルギーで済むようになる

 

よって、ガス代や電気代の削減!!生産効率アップ!!に繋がっていきます(^^)/

 

今回の熱源の廃熱対策は、

ニュースレター2月号でもご紹介しています!!

ニュースレター2月号はコチラ

 

★また、廃熱対策についての事例レポートを2月20日まで無料進展中★

 

こんなことが出来ないかなぁ!?

こんなことが出来たらいいのに・・・(; ・`д・´)    という方!!

 

一度、ご相談ください!!

 

無題

株式会社サンエイテクニクス 大林