SANEI TECHNICS 愛知の工場の省エネ・コスト削減・設備保全

052-741-2603
スタッフブログ

気化熱利用給気システム~梅雨バージョン~2016年6月17日

とうとう梅雨の季節がやってきましたね!!

ムシムシ、ジメジメする季節。

私のお家も雨の日は結露が酷く、水をひっくり返したかのように床が水浸しになります。

 

特に食品を扱う工場では、

この季節のカビや結露対策、また、湿気対策や湿度管理についてお困りの方も多いようです。

 

そこで!!ニューレター5月号でもご紹介しましたが、

そんな時でも「気化熱利用給気システム」が大活躍してくれます!!

 

(事例1)某食肉加工工場

気化熱利用給気システム1     気化熱利用給気システム2

 Before →    夏場に外気を取り入れる事が出来ず、給気と排気の風量バランスが悪くなり、

虫が室内へ侵入。

   After  →    導入後、クリーンな25℃の外気を取り入れた事で、温度湿度ともに快適な作業環境を実現

陽圧化により、防虫対策と室内の臭気換気にも繋がった

(事例2)某海苔加工工場

気化熱利用給気システム3     気化熱利用給気システム4

Before → 外気を取り入れずに内機循環の空調システムの為、天井や床の結露・カビで困っていた。

  After  →     導入後、夏場でも外気を取り入れることができ、かつ、外気温が35℃でも室内は

                            25℃の給気ができるので、結露やカビの発生が抑制された

 

などの事例があります。

上記の悩みだけではなく、同時に空調コストも大幅に削減してくれる

この「気化熱利用システム」。悩む前に是非一度ご相談を!!

無題

営業部 大林